NetBSD/macppc on Mac mini (install tips)

週末に NetBSD-3.0.1 にアップグレード(というか再インストール)したら
いろいろハマったので忘れないうちにメモ。
(2007-07-24追記: 基本的にはINSTALLドキュメントに書いてあります)
前提:
・ディスク全部 NetBSD で使う
・他のツール(Mac OS も含む)は使わない


手順:
1. CDからboot
Command+Option+O+F で OpenFirmware に落とす。

0 > setenv auto-boot? false

とかやっておくと後が楽。

0 > boot cd:,ofwboot.xcf netbsd.macppc

で起動するはずだが,起動しない。
multicd 使ってるせい?

0 > boot cd:,OFWBOOT.XCF;1 netbsd.macppc

これで起動。
引数間違えて起動に失敗していると,その後正しく入力しても起動しない模様。
そんなときは reset-all。

2. pdisk
起動したら sysinst に入らずに shell に落ちて pdisk。

# pdisk /dev/wd0c

i386慣れしていて,ついwd0dとかしたくなるけれどwd0c。
pdiskに関する詳細は省略。
i で初期化。C でパーティションを作っていく。P で時々確認。
作るパーティションは,

最初に HFS 少々(boot用),

次に Type Apple_UNIX_SVR2 の root partition,

次に Type Apple_UNIX_SVR2 の swap partition,
今回はほとんど全部 / にする方針なので,この3つしか作らなかった。
disklabel はあえて作らなくても pdisk で作った形になる。
HFS, root, swap がそれぞれ NetBSD 的には wd0d, wd0a, wd0b になる。

3. sysinst
ふつーにインストールする。
 (2007-07-24追記: INSTALLには手でnewfsした後Re-installを選択するように書いてある。Installでもいいはずだが。)
もちろんパーティションはさっき作ったのを使う。

4. ofwbootをなんとかする
まだなんとかしてないので,HD からは boot できない。
boot したいときには,CD の助けを借りて,

0 > boot cd:,OFWBOOT.XCF;1 hd:3,/netbsd

で起動する。
特に再起動はしなくても,sysinst 終わったあと shell に落ちて,

# mount /dev/wd0a /mnt
# chroot /mnt

とかやってふつーに/etc/rc.confやらネットワークやら何やら設定。
残った HFS パーティションをなんとかするために,
pkgsrc をとってきて sysutils/hfstools をコンパイル,
またはバイナリを入手してインストール。
これを使って,フォーマットしたり ofwboot をコピーしたり。

# hformat /dev/wd0d
# hmount /dev/wd0d
# hcopy /usr/mdec/ofwboot.xcf :ofwboot.xcf

5. おしまい
あとは,CDなしでも起動する。

0 > boot hd:2,ofwboot.xcf hd:3,/netbsd

もちろん毎回入力するのは面倒なので,boot-device とか boot-file とかをふつーに設定。

カテゴリーBSD