トヨタ純正のエントリーナビのSD再生(音楽)の仕様がひどい件

まあ、これなんですけど。
http://toyota.jp/dop/navi/lineup/nscd-w66/
トヨタ純正ですがデンソー製ですね。カーナビとしての機能は特に不満はありません。UIは駄目だけど。(「近所の○○を探す」ときに○○で検索してから距離順ソートするまでの手数が多いというか、およそ使わないものがデフォルトになっているなど。)

それはさておき、SDカードに音楽ファイルを入れておけば再生できます。AAC(とかMP3とか)に対応してるんで、iTunes Music フォルダの中身をまるっとコピーしておけば良い。

と思うじゃん?
“トヨタ純正のエントリーナビのSD再生(音楽)の仕様がひどい件” の続きを読む

Microsoft Office 2016 + MathType で表示がおかしい(解決済)

MathType 公式には:
http://www.dessci.com/en/products/mathtype/features.htm#msword

Office 2016 for Windows: MathType 6.9 is fully compatible with Office 2016 and Office 365 for Windows.
(略)
Office 32- and 64-bit: MathType 6.9 is compatible with both 32- and 64-bit versions of Office.

……とあるので使えるはずなのですが、数式作ると表示がずれてますし、以前作った正常な.docxファイルを開いても同様です。


本来こんな感じなのが、


こうなってしまう……。

(いろいろ紆余曲折(略))

真犯人は Security Update for Microsoft Word 2016 (KB3178674) のようです……。

Windows 10 であれば、「コントロールパネル→プログラム→プログラムと機能→インストールされた更新プログラム」から該当の更新を削除すれば一応治ります。しかし、セキュリティ更新なので外すのはどうかという気もします。

そのうち正式な修正が来るでしょう。

追記
4月4日の更新 (KB3178720) でとりあえずの修正は入った模様。
https://support.microsoft.com/en-us/help/3178720/april-4-2017-update-for-word-2016-kb3178720
しかし、書いてある通り、印刷(PDFで保存も)したときにずれるので使い物にならない……。

さらに追記
5月10日の更新 (KB3191865) でやっと治った模様。

GUROBI Optimizer を Python 2, 3 両方で使う

GUROBI Optimizer (7.0.1) は Python 2.7 と 3.5 に対応していますが、

(Windows 64bitの場合。インストール方法によってパスが違います。)

C:\gurobi701\win64> \Python27\python.exe setup.py install
C:\gurobi701\win64> "\Program Files\Python35\python.exe" setup.py install

のように続けて実行すると、Python 2.7 で作られた gurobipy.pyd が Python 3.5 の Lib\site-packages に入ってしまい、実行時にエラーになります。

setup.py install する度に build フォルダを消せば良いだけですが。

Error 1001. InstallUtilLib.dll: Unknown Error

東芝のタブレットPC(Windows 8.1 → Windows 10)にインストールされていたアプリをばりばり削除していたのですが、

  • 動画で解決!操作ガイド
  • 動画で解決!操作ガイド―コンテンツ―

の2つだけ、アンインストールしようとするとエラーが出る。

Error 1001. InstallUtilLib.dll: Unknown Error

.NET Framework 絡みのエラーだというのはわかったけれども、Windows 10 で最新の 4.6.2 が入っているので問題なさそう?

このアプリ自体は再インストール可能なのだけれど、それで「修復」してもダメ。

正解は、.NET Framework 3.5 を有効にする…でした。

「Windowsの機能の有効化または無効化」から「.NET Framework 3.5~」を選択すればOK。有効になれば後は普通にアンインストールできます。なんだよもう。

Windows 10 で Wi-Fi が使えなかったが Hyper-V を無効にしたら治った件

タイトルに書いた内容がすべてですが、…

iMac + Windows 10 で何故か Wi-Fi が使えない症状。Mac OS X では普通に Wi-Fi 使えるので、故障ではなく Windows 側の問題と。

で、Windows のデバイスマネージャで見る限り、Broadcom 802.11ac Network Adapter は正常そのもの。しかし、自分のも含めて近所に多数あるアクセスポイントがひとつも見えない。

設定見直したり、ドライバ入れなおしてみたりしても改善せず。

で、以前使おうと思って有効にしていた Hyper-V を無効にしたら治ったという話。なんでやねん。

iMac 27inch (late 2015) + BootCamp + Windows 10 blackout 問題?

iMac(Skylakeのやつ)買うた。

一度、普通に BootCamp で Windows 10 インストールできたが、やり直したくなって再度やってみたらうまくいかない。

インストール一通り終わったところで、画面が真っ黒のまま。

ちゃんと調べてないけれども、BootCamp サポートソフトウェアのインストールが終わる前に、Windows の更新で iMac の AMD Radeon R9 M380 用のものと微妙に違うディスプレイドライバが突っ込まれている感じ。

Windows のインストール開始時にネットワーク外して、BootCamp サポートソフトウェアのインストールまで終わらせたところうまくいった。その後、Windows の更新もやってみたが大丈夫のようだ。今のところは。

続・ThinkPadはもうだめか

ThinkPad T440sの不具合は増えるよどこまでも。

電源入れたまま閉じて、しばらくして開くと、結構な頻度で画面が激しく点滅するモードに入ってしまう。

そして、画面端付近はうっすらと、(ログイン画面なのに)閉じた時点の画面が映っている。

再起動しても症状は変わらず。点滅はもちろん再起動前の画面がうっすらと残っていて消えない。液晶パネル(ドライブする部分も含めて)の問題?

あと、この再起動の時にSSDを認識しなくなったり。

一旦電源を切って起動し直したら全部治ったけど、わりと簡単に再現する。

あまりにも多くのデバイスで不具合が出るけれど、個々のデバイス全部が不良とは思えないので、何か根本的なところに欠陥があると思う。

早く買い換えたい。

ThinkPadはもうだめか

ThinkPadマニアというほどではないが、長く使っている。

X22
これといったトラブルは記憶にない。後継機買ってから使わなくなって、しばらくして起動したら液晶に縦線が入るようになった。
でも、今でも動くことは動く。

X60s
本体閉じて上部にあるLED(電源とか)を覆っているシールが、使用1日目で剥がれた。後にカードスロット周りが割れた。(どう見ても強度足りない)
といった感じで、外装がボロボロなのと、WiFi使うと異常に熱くなるのが難。
それらを除けば、特に使用上の支障はなかった。

X200s
これもX22並にトラブルなく安定。

で、自宅でデスクノート的に使うために1年半ほど前に(いつものXではなく)T440sを買ってみたのだが、これが大失敗。

bluetooth: 全然安定しない。ホスト側のデバイス(周辺デバイスではなく)が度々認識しなくなる。ドライバを更新して少しマシになったが頻度が下がっただけ。その上でUSBハブをセルフパワーのものにしたらほぼ安定した。
USBデバイスはeLicenserとフラッシュメモリ(WAVESライセンス用)とオーディオ (UR-22) くらいしか挿してないので、これで電力不足と言われても困るのだが。

video: 時々チラつく。それだけでなく、チラついた瞬間に一部のアプリケーションの描画がおかしくなる。例えば、Flashのアプリ(艦これともいう)が真っ黒になって復帰しなくなるなど。
Lenovo提供のドライバを捨てて、Intel純正ドライバを手動で入れたら治った。

ボタン一体型タッチパッド:とにかく使いにくい。(仕様)
後継のT450では改心して物理ボタンに戻ったらしいが…。
正直トラックポイントと左右ボタンだけでいい。パッド時々触ってしまって邪魔。
パッド切っておけばいいんだけど、bluetoothマウスが上記の通り不安定だったので仕方なく残してあった。

キーボード折れた
正直、通常使用でキーボード壊れたのは人生初。キートップ裏のツメが折れてると思う。

他にも、底面の製品番号やシリアルナンバー記載が、視力弱い私には読むのが難しいくらいの小ささだったりとか、いろいろ。

先の Superfish 騒ぎ(該当はしていなかった)の時の対応なんかを見ても、もう次はないなあという感想。

しかし、何を買えばいいやら。

Cubase on Windows 8.1

不具合のようなもの:

  • Cubase起動時にeLCがエラーを起こす
    ⇒Soft e-Licenser が触る領域が読めないらしい。一度 eLCC を Administrator 権限で起動したら治った。
  • ウィンドウが拡大されてしまう
    ⇒C:\Program Files*\Steinberg\Cubase*.exe のプロパティの互換性のところで DPI スケーリングを無視する項目をチェックする。

マイナーバージョンアップの割には影響のある変更が多い感じ。Windows 8 の「何が何処にあるかわからない」状態は多少改善されているけれども。

build.sh ベンチ

NetBSD 6.0 リリース記念企画(嘘)

build.sh tools は済の状態から build.sh -j ${NCPU} -u -x distribution したときの build.sh started ~ ended までの時間計測大会。
(実際には -T, -O, -X -U あたりも指定してますが略)

Thecus N0503
CPU: Intel Atom N270 1.60GHz (NCPU=2)
Memory: 1GB
Disk: SSD1個でRAIDなし (80GB)
OS: NetBSD 6.0 i386
Time: 11:31:59

Thecus N2800
CPU: Intel Atom D2700 2.13GHz (NCPU=4)
Memory: 2GB
Disk: HDD2個でRAID1 (2TB)
OS: NetBSD 6.0 amd64
Time: 03:05:07
(-j 1 だと 07:13:29)

CloudCore VPS
CPU: AMD Phenom 9550 と表示されるけど KVM 上なので意味なし (NCPU=1)
Memory: 2GB
Disk: virtio上のld (100GB)
OS: NetBSD 6.0 amd64 (+x86_errata無効パッチ)
Time: 03:35:42