NetBSD/amd64 on ECS LIVA Z

自宅常時稼働鯖用に、型落ち?だけど LIVA Z を入手。
小型・ファンレス・LAN×2 で安価なのはこれくらいしか見つからなかった。

普通のPCだからあんまり問題ないだろうと思ったら、結構はまる。

番外:電源は入るが起動しなくなった(解決)
設定変えて再起動したら、電源は入るもののディスプレイに何も映らない。
代理店に連絡したところ、CMOSクリアで直るであろうとのこと。
ボタン電池から線が伸びている基板のコネクタを抜いて、しばらく置いて再び挿す。
ちゃんと起動した。

M.2 SSD が認識しない(解決)
NetBSD的には ahcisata0 / atabus1 / wd0 なんだけど、NetBSD 8.1 だと、

wd0: IDENTIFY failed

とか出て使えない。current (9.99.10) にしたら使えた。

eMMC が使えない(未解決)
32GB の eMMC を内蔵していて、NetBSD的には sdhc0 / sdmmc0 なんだけど、

sdmmc0: sdmmc_mem_enable failed with error 60
sdmmc0: autoconfiguration error: couldn't enable card: 60

と、何かがタイムアウトしているらしい。current でも同様。
エラーメッセージがうっとおしいので、/boot.cfg に、

userconf=disable sdhc*

とでも書いておく。(解決はしない)

時計が異常に遅い(解決?)
時計の進み方が4倍くらい遅い。ntpd 動かしてどうにかなるレベルでなく遅い。
timecounter "TSC" が悪そうなので、/etc/sysctl.conf

kern.timecounter.hardware=hpet0

とでも書いておく。

つづく