binutilsが正しく作れないことがある件

NetBSDでmingw-w64を作っていて、クロスのgccもbinutilsも出来上がったのに、それでコンパイルしたバイナリをWindowsに持っていって実行しようとすると“not a valid WIN32 application”(日本語版だと「有効なWIN32アプリケーションではありません」)などと言われる。

結論から書くと、binutilsのldのldscriptsが正しく作れていなかった。

configureでSHELLとして何故か/bin/shではなく/bin/kshが選ばれるが、このシェルだとgenscripts.sh(から呼ばれているscripttempl/pep.scなど)がエラーになる。

エラーなので止まってくれれば良いのだが、実際にはそのまま進んで、make installすると途中で打ち切られた(実質中身のない)ldscriptsがインストールされてしまう。

出来上がったgcc+binutilsを使ってコンパイルしたときに、一見すると正しいPE32(+) executableに見えるモノが出来てしまうので、なかなか原因がわからなかった。しかし、以前にも、違うパターンとはいえ同じ部分でハマったことがあったのだった。http://est.ceres.ne.jp/2008/07/02/post_241/…すぐに気がつくべきだった。

回避方法としては、binutilsのconfigureを実行する際、CONFIG_SHELL=/bin/sh …/configure …とでもすれば良い。多分。

カテゴリーBSD