ゆるキャン△聖地旅行記 (3)

最初:ゆるキャン△聖地旅行記 (1)
前:ゆるキャン△聖地旅行記 (2)

2/4(日)―レンタカーでGO

下部温泉付近にはレンタカー屋はなさそうなので、北(甲府)か南(富士宮)に出る必要があります。

帰りの電車は甲府発なので、富士宮で車を借りて北上しながら観光して、甲府で乗り捨てる……というのを思いついたのですが、調べたらやたらと高くつくのでやめ。甲府で借りて甲府で返すことにしました。

あ、何も言わなくてもタイヤはスタッドレスでした。この時期ふつーに凍結路がありますので、自分の車で行く人はご注意を。

この辺のキャンプ場、公共交通機関もあるにはあるのですが、乗用車(やバイク)で乗りつけるのが基本のようです。

まずは、南に進んで、ふもとっぱら

雪があったり池が凍っていたりしましたが、キャンプしている人もちらほら。

2時間以内の見学・車はキャンプ地にいれない、という条件で¥300でした。

眺めも良く広いキャンプ地でした。

そこから戻りつつ、道の駅 朝霧高原へ。

美味しかった。

次に、『ゆるキャン△』はじまりの地へ。

トイレですけど。

今日寝ていたら「風邪ひく」どころでは済まない感じの寒さでした。

そのすぐ近く、浩庵さんでお昼。

食後に、キャンプ場入る料金を尋ねたところ、15分くらいの見学・車をキャンプ地にいれない、という条件であれば無料で良いとのことでした。

ただ、多分「閑散期だから」ということだと思うので、勝手に入らずに訊いてみるのが良いと思います。

ここからキャンプ場に入れます。

眺めは最高です。風が強くて波が多く、本栖湖にうつる富士山は見れませんでしたが。

結構狭い?ので、暖かくなったら混みそうですね。

時間がまだあるようだったので、少し遠いけれど笛吹川フルーツ公園へ。


街が見渡せます。夜景も見たかった。

公園の中を抜けて、ほったらかし温泉へ。

温泉からの眺めも良かったのですが、風が強くて寒かった……。

ここで時間切れ。帰路につきました。

おわりに―お土産


カメラ以外は浩庵さんで購入。レンズは元々持ってたやつ。
他にも買ったものはあるけど、自分用はこれくらい。

――とまあ、いきあたりばったりの割には楽しめたかと。やっぱり車は欲しいですね。

まだ行ってない場所もあるので、次の機会に。

『ゆるキャン△』的にも、キャンプ道具買って自分の車に積んで行くのが理想ですが、自宅からだと片道7時間以上かかるのがねー。

おわり